面接でタブーな質問は何か

面接のときは面接官の話によく耳を傾けるようにしましょう。

面接のときは面接官の話をよく聞こう

面接でタブーな質問は何か 面接のときは面接官の話によく耳を傾けるようにしましょう。当たり前のことですが、これが難しい場合があります。特に緊張していたら、話をよく聞かずに面接にあまり関係のないことを言ってしまう恐れがあります。面接はその人の人柄をみるために行われます。その時に一番大切なことは、きちんとした意志の疎通ができるかどうかということです。それができない人を、自分の会社に採用しようと思う人はいません。面接官の質問や言ったことにあまり関係のないことを話したら、意思の疎通がしにくい人材だと判断される恐れがあります。

人の話をよく聞くことは、仕事をする上で非常に大切です。社会人として生きていく上での基礎と言えるでしょう。面接はそれを調べる機会でもあります。面接官の話をよく聞いて、面接官が期待している答えをその場で察知して答えられるようにしておくことが大切です。簡単ではありませんが、面接で必ず聞かれることに対する答えをあらかじめ言えるようにしておけば、面接のときに良い答えができます。自分の経歴や資格、実績などをひけらかすような答えは慎みましょう。分かりきったことなのですが、自分を認めて欲しくて、つい偉そうなことを言ってしまうことがあるので気を付けましょう。