面接でタブーな質問は何か

働いていないブランクの期間があったら、それを面接で質問される可能性が高いです。

面接でブランクのことを聞かれたら

面接でタブーな質問は何か 働いていないブランクの期間があったら、それを面接で質問される可能性が高いです。人間なので、さまざまな事情があって、ブランクの期間があるのは仕方がありません。しかし、就職や転職ではマイナスになることが多いです。ブランクの期間があったら、資格を取るために勉強をしていたと言うのは、良い方法です。そういえば、良い印象を与えることができます。たとえ資格を取れなくても、資格を取るために勉強したことは自分のプラスになると言うようにすれば、ブランクのマイナスの印象を小さくできます。病気のためにブランクがあると言うのは、仕方がないので面接のときに正直に言っても良いでしょう。ただし、うつ病のような心の病の場合は微妙になります。

うつ病になるような人が新しい職場でうまくやっていけるのだろうか、と面接官が思う可能性があります。理解のある人が面接官だったら、うつ病のことをマイナスと取らない可能性もあります。そのあたりの見極めは、面接官と接して自分で判断するしかありません。もし心の病のことを面接で口にしたら、完治していることを強調しておきましょう。それなら採用の際のマイナスの要素になる可能性が小さくなります。普通の病気でもそれは同じです。