面接でタブーな質問は何か

高校、専門学校、大学で就職活動をしている人に知ってもらいたいことがあります。

面接にはタブーな質問は採用に影響します

面接でタブーな質問は何か 高校、専門学校、大学で就職活動をしている人に知ってもらいたいことがあります。面接では聞いてはいけない質問があります。それは、待遇、仕事内容、業界の3つでこれらの質問は面接官が嫌う質問で、会社によってはこれらの質問が来ただけで不採用にする会社もあります。

待遇は給料、勤務時間、休日がこれに当てはまります。この質問がされた時に、面接官では「この人は待遇目当てで来ていて、うちの会社の仕事のことはどうでも良いんだな」と悪い印象で見られてしまいます。もし、そう思われれば高確率で不採用になります。仕事内容の質問は面接官からは「ちゃんと調べて来ているのかな」と思われます。それで、「もし、入って仕事する時に書類の不備を起こしたり、お客さんに対して間違った対応を取るのではないか」と思われて採用が難しくなります。業界に関しての質問は内容によって採用か不採用か決まってきます。不採用になる確率の高い質問は業界の欠点について質問することです。もし、この質問をしたら面接官は「この人は何様なんだ」と心の中で怒りを震わせ、確実に不採用にします。

この3つの質問は絶対にしない方が無難で面接官からの質問に受け答えができていれば、高確率で採用を取ることができます。もし、この3つのどれかを質問してしまったら、どんなに受け答えができていても不採用候補に入ります。